好奇心の森「ダーウィンルーム」
By 好奇心の森「ダーウィンルーム DARWIN ROOM」 Follow | Public

「教養の再生」を理念に選りすぐりの古書と動物剥製などの標本や、研究生活に便利な道具の販売と専門家を招いたリベラルアーツ・カフェを行うユニークなショップ&ラボ

Announcements
  • 2020/09/17

    【明日9/18開催】直前のお知らせ|『植物の惑星』特別企画シリーズの開催|ダーウィンルーム|DARWIN ROOM 京都大学霊長類研究所・所長の湯本貴和さんが講師をつとめてくださる『植物の惑星』特別企画シリーズです。ぜひご参加ください。 ──────────────... read more 【明日9/18開催】直前のお知らせ|『植物の惑星』特別企画シリーズの開催|ダーウィンルーム|DARWIN ROOM 京都大学霊長類研究所・所長の湯本貴和さんが講師をつとめてくださる『植物の惑星』特別企画シリーズです。ぜひご参加ください。 ──────────────────── 湯本貴和ゼミ 植物が育む豊かな共生の世界〜熱帯雨林から人新世まで〜|第4回「里山、そのイメージと実像」 9月18日(金)20時〜22時 オンライン開催 お申込みはこちらから:*お申込は15時までです。https://darwinroomyumotozemi04.peatix.com/ ────────────────────  いよいよ終盤に入った全5回シリーズの湯本貴和ゼミ。第4回は里山がテーマです。里山というと皆さんはどんなイメージをお持ちですか?里山の役割とは何なのでしょうか?  人と自然の共生。古き良き暮らし。昆虫や草花の桃源郷……。里山には確かに人が手を入れることによって多様性が増した自然という側面があります。しかし今回の講座では古代や石器時代にまでさかのぼって日本列島における人と自然のかかわりを検証し、その実像をスリリングに解明していきます。植物の視点からはもちろんのこと、動物や歴史・産業・社会、民俗学的な見地からの分析や絵画までもが題材になります。湯本先生による世界各地の里山の写真も満載です。人新世をテーマにした最終回に向けて必聴の講座ですが、もちろんこの回だけのご参加でもお楽しみいただけます。(文・関橋知己) 日 時:2020年9月18日(金)20時~22時/30分前に開場 講 師:湯本貴和さん|京都大学霊長類研究所教授・所長、理学博士 キュレーター:関橋知己さん|編集者/ライター メンバー: 池田威秀さん|京都大学野生動物研究センター研究員、理学博士 鶴田想人さん|東京大学大学院総合文化研究科修士課程 清水隆夫  |ダーウィンルーム代表 スタジオ:下北沢・ダーウィンルーム〈2F〉ラボ|会場:オンライン開催 参加料:一般チケット¥2,900 税込 学割チケット[大学院以下]¥2,500税込 【お申込み方法】 オンライン参加サイトからチケットをご購入くださいますと、ダーウィンルームから当日ご入室いただくリンクURLをメールでお送りいたします。そこから開始30分前にお入りください。尚、双方向テレビ会議システムZoomを使用して行います。 ▶︎第4回オンライン参加サイト:https://darwinroomyumotozemi04.peatix.com/ ──── 湯本 貴和|ゆもと たかかず 1959年徳島県生まれ。植物生態学者、京都大学教授。1982年京都大学理学部卒業、1987年同大学院理学研究科博士課程修了、「極相植生における動物媒花植物の受粉様式に関する研究」で理学博士。1989年神戸大学教養部助手、1991年講師、1992年理学部講師、1994年京都大学生態学研究センター助教授、2003年総合地球環境学研究所教授、2012年京都大学霊長類研究所教授、2016年同所長。植物と動物の共生関係の研究から始めて、現在は人間と自然との相互関係の研究を行っている。所属学会は、日本生態学会会長、屋久島学ソサエティ会長、「野生生物と社会」学会元会長、日本熱帯生態学会、日本霊長類学会、日本植物学会、種生物学会、日本植生史学会、日本アフリカ学会など。 今後の予定: ▶︎第5回 10月16日(金)20時~22時 人新世におけるヒトの『原罪』と可能性 https://darwinroomyumotozemi05.peatix.com/ 当面オンラインで開催しますが、新型コロナウイルス感染の状況をみながら、会場でもご参加できる「新たなかたち」を提案していきます。 ──────── 【お問い合わせ】 主催:好奇心の森「ダーウィンルーム」 tel:03-6805-2638 mail:darwinroom@me.com 〒155-0032 世田谷区代沢5-31-8|下北沢駅から南へ徒歩5分 show less

Comments